株式会社オキマストランスポートは、主に一般貨物自動車運送業・自動車運送取扱事業・倉庫一時保管・産業廃棄物収集・運搬業を行っております。


キッチン・ケアシェル



キッチン・ケアシェルの吸着の原理と特長

キッチン・ケアシェルによる消臭は、キッチン・ケアシェルの表面において臭い物質が吸着されることで起こります。キッチン・ケアシェルには、賦活によって非常に微細な穴:細孔(直径10〜200A)(注:10A=1nm)が大量に形成されています。
 物質の表面から生まれる引力によって物質の分子が引き寄せられることを界面反応と呼びますが、キッチン・ケアシェルにおいてこの界面反応をより強力にしているのが、この微細孔による「毛細管現象」です。毛細管現象は孔の大きさが小さければ小さいほど、吸着力を発揮するため、ミクロ孔の発達したキッチン・ケアシェルは、圧倒的な吸着性能を誇るというわけです。

キッチン・ケアシェルの効果が持続する理由

キッチン・ケアシェルによる消臭は、キッチン・ケアシェルの表面に臭い物質が吸着されることで起こりますが、臭い物質が表面を覆い尽くしてしまうと、臭い物質の吸着はできなくなってしまいます。キッチン・ケアシェルのpHは9.5、通常の水では溶けることはありませんが、酸性の液体(酸化物やお酢など)によって表面が溶かされ、臭い物質も取り除かれ、新しい表面が現れて再び臭い物質を吸着し始めます。これを繰り返しているため、持続性が長いというわけです。キッチン・ケアシェルが溶けきるまで効果は持続します。つまり、キッチン・ケアシェルは多孔質性が高いだけでなく、表面を溶かしながら吸着能を復活させるという能力を兼ね備えているということで、今までに無い物理的吸着性能を備えた消臭剤と言えます。

キッチン・ケアシェルの使用量 200?までに1kg

グリストラップに対する投入量ですが、200?までのグリストラップには1kgを投入してください。臭いがきつく、効果が思ったように上がらない場合、投入量を増やしてみてください。

キッチン・ケアシェルの表面に油が付着し、臭いが取れない場合

グリストラップに投入したキッチン・ケアシェルに油が付着した場合、臭いの吸着ができなくなります。その場合、グリストラップ内で袋ごと「じゃぶじゃぶ」と袋を上下させて洗うか、水道に接続したホースで勢いよく洗い流してください。その際、体や衣服に洗い流したモノがかからないよう注意して作業して下さい。




参考として

臭いを消すにはいくつかの方法が考えられます。
以下の表で説明します。


感覚的消臭法
これには悪臭よりも強い芳香成分で覆い隠してしまうマスキング消臭と、 悪臭成分を芳香成分の一成分として取りこんでしまうベアリング消臭の2つがあります。

物理的消臭法
匂い自体を吸着して取り除く。

科学的消臭法
匂い成分を酸化や還元などの化学反応で匂いのしない成分に変えてしまう。

生物的消臭法
微生物などにより匂い成分を分解させる。


キッチン・ケアシェルや活性炭などを利用した消臭剤は主に物理的消臭法で、芳香剤などはマスキング消臭、ベアリング消臭、科学的消臭の組み合わせでしょう。
物理的消臭法についてもう少し詳しく説明します。
わかりやすい例として炭を取り上げます。 炭には高い消臭、吸湿作用があります。これは炭が多孔質であるという特徴から来ています。多孔質とは表面にたくさんの穴があることで、表面積が大きくなり 物質の吸着性能も上がります。最近竹炭が人気ですが、 これは普通の炭に比べてより多孔質性が高いため、物質の吸着性能が高いということが理由のようです。
キッチン・ケアシェルは多孔質性が高いだけでなく、表面を溶かしながら吸着能を復活させるという能力を兼ね備えているということで、今までに無い物理的吸着性能を備えた消臭剤と言えます。


代表的な悪臭と感知濃度限界

臭いの種類/代表的物質/人間の鼻で感知できる限界濃度(空気中のppm)
〇トイレ臭/アンモニア NH3/0.15ppm
〇腐った魚/トリメチルアミン/0.0001ppm
〇腐った卵/硫化水素/0.0005ppm
〇腐った玉ネギ/メルカプタン/0.0001ppm

●臭いの元はタンパク質であるという事が臭いを感じる基本!!!


ケアシェルがテレビにて紹介されました 記事はこちら